2007/09/12 (Wed) 親父ジェイド

■この前は時間なくて一部だけだったんですけど、前後も合わせてももーそーもーそー。

親父ジェイドと息子なルークは血縁ではないです。多分。
それである日町がアッシュに会うんですよね。んで、さすがに似すぎてるので、血縁者なんじゃないかって話になるのだ。それでゆれゆれしてるところに、ジェイドがルークを引き取る原因になった事故のこと知るんですねー。それが、ルークが原因で事故になって、でもそれは元々ジェイドのせいじゃないとも言えない、みたいな感じの。
んで、え、ジェイドが一人になったのは俺のせいなのか…?て思って、家に帰りたいけど帰れないってなるのだ。こう雨の中つったってたりして、そんなところで何をしてるんですか、早くあがりなさいとか、ジェイドが家の中から声をかけるんだけど、ルーク頭ふるふると振って動こうとしないのだ。俺、帰れない、てぽそりとだけ呟いて駆け出してっちゃうんですねー。

そんなずぶぬれルークをアッシュが拾って家に連れてって、連絡までしてくれるんですけど、ジェイドそうですかってだけで電話切っちゃうのだ。

うちにいるよりもファブレさんちの方がいいんじゃないですかねー、てタバコ吸ったりして、陛下においおい拗ねてますよこの親父はと思われたりするのだな。

でもって、ファブレさんち。うちにこのままいるか?て問いかけられて、でもルークは答えられないところに親父ジェイドさんやってくるんですよねー。家出息子を回収しにきましたとか言ってそのまま連れ去ってしまうのだ。帰りたいなら、帰ってきなさい。何をもたもたしてるんですか、迎えにこないと帰れない歳でももうないでしょう。とか言われちゃって、ルーク、へへへっともう勝手に歩き出しちゃったジェイドの後ついてくんですねー。

あれ。ジェイドなんか、タバコ臭くないか…?とか指摘されて、ピオニーのがうつったんじゃないですかとしれっと親父は返すのだ。ピオニーには家でタバコ吸わせないのになー??と思うけど、そこは親父にごまかされちゃうルークは、家に帰ったら案の定人の家で堂々とタバコ吸ってるピオニーが、お、帰ってきたなー、とお出迎えで、ますますごまかされちゃうんだな。ピオニーは早速ジェイドにこの家は禁煙ですと言い渡されてタバコを取り上げられるんでした。

じゃるのちょろあまの方はヴァン絡みのジェイルクでいけたらいいなー。ぶくぶく。

ふみ:徒然 |

| TOP |

カテゴリ

  • はじめての方(2)
  • そま:徒然(651)
  • そま:絵倉庫(2)
  • ふみ:小説(7)
  • ふみ:徒然(488)
  • ふみ:140字(109)
  • どうじん(18)
  • はくしゅレス(1)

最近の記事

 


 拍手は絵がみっつ。

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

管理人

ふみとそま

Author:ふみとそま
mail: 全て英小文字
どんぶり007@gmail.com


さすこじゅ同盟  

月別アーカイブ